十時日記

十時に書くなら十時日記

15

首の付け根が痛いのでこまめに揉んでみている。変な姿勢のままパソコンを触っていたのが原因かもしれない。夫が出張から帰ってきて嬉しい。部屋が元の大きさに戻ったような気分。
ねっとりした暑さ。夕方から出かけ、定食屋に入った。店員は東南アジア系の方々ばかりで、店構えが町屋のような造りなのでミスマッチ。思わず笑ってしまいそうになる。
回転率を上げようとしているのか、店先で看板を眺めている人にも素早く声をかけ、未だ並んでいる途中にも関わらずオーダーを飛ばしていた。

そんな様子を見れば、早く席を譲らなくてはと飯をかきこんでしまう我々だった。そそくさとお店を後にすると、夫が「鮭ハラスの味が全然しなかった」とこぼしていた。急いで食べたからかと尋ねると、単に味が薄かったかららしい。
「僕は味のしない鮭ハラスを……」としょんぼりしていて面白かった。

朝、ヨーグルト、グラノーラ
昼、昨日の親子丼の具(余っていたので)、かりんとう
夜、味噌豚焼き定食(こちらはしっかりした味付けだった)